助産師が転職で成功するには?

助産師 求人 > ブランクのある助産師に合う求人はある?

ブランクのある助産師に合う求人はある?

医療関係の仕事は、根本的に人員が不足している場合が多いです。ブランクがあると復職を迷ってしまう人も多いようですが、助産師の場合、問題なく復職できると思っていいでしょう。助産師の仕事は命の誕生に立ち会うことができるという意味ではとても魅力的な仕事ですが、ハードであることから離職率も高く、常に人手不足の状態です。
助産師転職サイトのおすすめは?

特に助産師にとって負担になるのが不規則な勤務時間の問題ですよね。 赤ちゃんは絶対に昼間に生まれてくるというわけではないので、夜中の急なお産のために呼び出されることもあるかもしれません。 お産が長時間に渡った場合には、何時間もずっと立ちっぱなしで仕事をすることになるわけなので、体力的にもハードな仕事です。

こういった事情があり、自分が妊娠した際には早めに職場を離れる女性が多いようです。 緊急事態が起きれば走り回らなければならない仕事でもあるため、妊婦が身重の体でギリギリまで仕事を続けるのは難しい職種だと言えるでしょう。早めに職場から離れてしまうということは、ブランクの期間が長くなることにも繋がります。 ブランクの期間が長くなればなるほど、復職をためらってしまいますよね。

しかし、助産師不足の関係もあり、多少ブランクの期間が長かったとしても歓迎してもらえる病院が非常に多いです。 特に、第一線を離れる前に長年助産師として活躍していたという人であれば、ほとんどブランクの影響はないと言えるでしょう。

また、助産師資格を取得すること自体楽なことではないため、例え助産師として活躍していた期間が短い状態でブランクに突入してしまったという人でも、歓迎されることが多いです。 復職のサポートに力を入れている病院もあるので、心配な人はそういった職場を探してみてはどうでしょうか。

ブランクに不安があってなかなか復職できない助産師もいますが、助産師不足が叫ばれているのが現状なので、資格を持っているけれども働いていない潜在助産師は積極的に採用されます。


助産師が一般企業に転職する場合に考えておくこと

助産師は出産に特化した医療系の国家資格で看護師資格がなければ取得できないです。 助産クリニックや総合病院の産婦人科での勤務が一般的ですが最近は一般企業でも助産師のニーズが出てきています。

ここでは、助産師が一般企業に転職する場合に考えておくことをまとめておきましょう。 実際に求人情報を実例を見てみました。 医療関係の資格をもった人達を企業に集めているケースがありました。 患者様への相談を電話やメールで対応するコンサルタント会社です。 このケースは人材派遣業のジャンルですがかなりユニークです。 基本的には現場での作業は全くありません。

待遇面も優遇されており厚生年金や退職金など福利厚生も一般の企業と同じです。 有給休暇も当然ありますし完全週休二日です。 ハードな助産師の現場と比べると夜勤もないので働きやすそうです。 助産師へ転職を考えていて、看護師・助産師以外の医療資格があればこういった企業への就職も視野に入って来ます。

助産師として一般企業での仕事を考えるならば<産業看護師>がイメージしやすいのではないでしょうか? 総合的な健康管理を企業の中で従業員を対象に医療行為をしたりします。 定期健診のみならず日常の健康相談や指導についても行うのです。 大切なマンパワーである社員の健康を守るという意味で産業看護師は注目されている職種です。

学校勤務の保健室の先生をイメージしてください。 産業看護師は新しいニーズが誕生しています。 それは社会進出が増えてきた女性へのサポートです。 扶養家族手当の問題もありますから一挙に女性が社会に出てくる可能性があります。

育児休暇制度も浸透してきて女性でも結婚・出産・育児をしながら仕事ができる風潮になってきています。 産業看護・企業看護の分野においても出産前後の妊産婦のサポートを考えて助産師を採用する大企業もでてきています。

看護師経験がある助産師ならば、まずは産業看護師として就職する方法もあります。 業務の中で出産や育児の相談をするシーンは出てくるでしょう。 産業看護師の人数そのものがまだまだ少ないのが現状です。 とりわけ助産師の採用枠を持っている企業は少ないと思います。 だから産業看護師としての働き方は現実的です。

新たなニーズに対してアンテナを張り巡らしているのが看護師・助産師など医療系に特化した転職専門サイトです。 企業でも産業看護師を採用して育児休暇に積極的になるのは容易に想像できます。 女性進出が政府の大きな課題にもなっています。 今こそ助産師は転職のチャンスなのかもしれません。

治験コーディネーターになる方法